生地

制服マニュアル

制服は生地選びからこだわり抜く必要がある

飲食店を経営しようと思うと、まずは制服を作らなくてはなりません。
店員が私服のお店は繁盛させるのが難しいですから、できれば可愛らしいデザインの制服を作るのがいいです。
デザインが素晴らしいと、アルバイトの募集にも人が集まりやすいですし、制服を目当てにしたお客さんも期待できるからです。
デザインを決めるときには、生地についてもこだわり抜かなくてはいけません。
というのも、あまり安っぽい生地を採用してしまうと、耐久性が低くなってコストが余計にかかってしまうからです。
何度洗っても着続けられるぐらい耐久性に優れたものにするためには、何よりも生地選びが大切になります。
作るのにコストがかかっても、一着を長きにわたって使えるのなら長期的に見ればコストパフォーマンスはよくなっていきます。
ですから、妥協せずにいい素材で高級感溢れるものを作るのがベストです。
デザインは有名なデザイナーの方にお願いするなどしてもいいでしょう。

普段着る制服の生地や織り方について

普段、学校や会社などで毎日着る制服はどんな素材でどのような織り方で出来ているのか気になる人もいるのではないでしょうか。
毎日着る物ですから、使いやすさや強度が求められていて、よく使われている生地はウールとポリエステルです。
ウールには柔らかく弾力性が高く暖かいという特徴があり、ポリエステルには強度、速乾性が高いです。
基本、どの場所でも使われている生地は同じです。
他にも、長く使用するために織り方にも工夫がされており、織り方は男女で異なります。
まず、男子の制服はカシドスという織り方がされていて、これはカシミア調の柔らかい梳毛糸を使い光沢のあるドスキン仕上げにしたものです。
礼服に使われることもあります。
女子の制服はサージという織り方がされていて、これは編みめが右上の方に45度の角度にはっきり見えるというのが特徴です。
スーツや作業服にも使われています。
それぞれ3年間を快適に過ごす為に様々な工夫がされています。

recommend

貸倉庫かりるなら埼玉
http://saitama-fact.com/

2016/7/15 更新