洗濯

制服マニュアル

業務に使用する制服を上手に洗濯するコツについて

制服は社会生活においては特定の業務に就く人が着用する衣類として扱われています。
業務の内容によって制服の扱いは変わってきますが、常に清潔に保つ必要がある点は共通しています。
衣類を清潔に保つためにはこまめに洗濯することが大切ですが生地の材質によってはシワの発生や色落ち、生地の劣化などの弊害に見舞われるケースもあります。
そのため、生地の材質や洗濯の方法について正しい知識を持つことが大切です。
制服の洗濯は単に生地の汚れを除去するだけではなく、形を整えて見栄えを良くする必要があります。
シワの発生を抑え、肩や膝などに当たる部分の変形を修復することが綺麗なスタイルを保持するための秘訣になります。
汚れによっては市販の洗剤で除去できない物もあるので、専門業者によるクリーニングを依頼することも効果的です。
依頼の際には生地の材質や衣類の用途を提示して、取扱いの歳のトラブルを避けることも必要な心得の一つになります。

家庭で出来る制服の洗濯方法

制服は、頻繁に洗濯できるものではないうえに、型崩れなどが発生しやすいため、長期休みの際などにクリーニングに出す人が多いですが、きちんとしたやり方で行えば、自宅でも綺麗に汚れを落とすことが可能です。
まず、本格的な作業に入る前に必要なのは、衣服に付いた埃を取り除くことであり、専用のブラシで優しくブラッシングすることで埃を落とします。
多くの制服は洗濯機で洗うことが可能ですが、タグに表記されている表示を確認し、的確な洗剤や温度で行う必要があります。
洗濯機に入れる前にネットに入れておくと型崩れを防ぎやすいですが、スカートの場合には、クリップでプリーツ部分を止めてからネットに入れた方がさらに型崩れ防止の効果があります。
脱水が終わった後は、放置せずにすぐに干すことが重要であり、形を整えてから、ハンガーにかけて干します。
制服が乾いた後には、きちんとアイロンがけを行い、細かいシワや型崩れなどを取り除きます。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2016/5/18