制服とは

制服マニュアル

制服を着ることで統一感が生まれる

制服といえば、まず始めに思い浮かぶのが学生服ではないでしょうか。
ほとんどの学校に学生服があり、全校生徒の服装が統一されています。
学生服以外にも、コンビニの制服や、警察官の制服など、学生から社会人までさまざまな服があります。
学生は、服装を見ただけで、中学生か、高校生か分かりますし、どこの学校かも分かるため便利です。
夏服や、冬服があり、季節によって変えることができるため、快適に、そして、動きやすく作られています。
専門学校でも、統一された服装のところもあるため、どこの学校かすぐに分かります。
同じ服装を着ることにより、その学校の統一感が生まれます。
社会人になれば、看護師や、警察官、消防士、パン屋さん、ケーキやさんなど、働く職業によって、服装が統一されています。
統一することにより、どのような職業なのかも分かるし、一体感も生まれます。
同じ服装にすることで、その仕事の責任を担っているという責任感が生まれます。
その職業に適した服の作りになっているため、仕事を効率よく行うことができます。
さらに、危険な仕事をする人たちの服装は、事故を未然に防げるような作りが工夫されているため、普通の服装より、安全なのです。

制服によってその立場に集中できる

制服にはいろいろな種類がありますが、学生が着るもの、仕事時に着るものが代表的です。
学生用であっても、仕事で使うものであっても、制服を着る効果として共通していることがあります。
それは、その服を着ることによって、着ている本人が自分の立場を意識するようになり、学生らしく、職業人らしく振舞うことができるという点です。
この効果は非常に大きく、その服を着ることによって「今から学校に行く」「今から会社員としてふるまう必要がある」などの自覚が生まれてきて、結果として学生らしい行動を生み、いい仕事ができることにつながります。
また、同じ服を着て同じ空間で過ごすことによって、仲間意識が醸されるという効果も期待できます。
さらに、制服には機能性も備わっています。
工場で着る服は、汚れに強く丈夫にできていて、場合によっては静電対策にもなる素材が使われていて、かつ動きやすくできていますし、客室乗務員の服であれば乗客から一目で見分けることができるという役目も果たしています。
中には同じ服を着ることは、何かを強制されると感じて嫌がる人もいますが、その仕事などに必要な機能をしっかり備えているものであれば、合理的に判断をすることでその服を着ることに抵抗はなくなるでしょう。
そういった服を専門に扱う業者から購入することによって、低価格で調達できるという点も特徴として挙げられるでしょう。

『制服』
最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/zzqibjo2/public_html/index.html on line 47

おすすめWEBサイト 5選

沖縄ダイビング ライセンス
http://www.owd.jp/
電子タバコ
http://xn--tckxa5c423y2tzc9kec1n.jp/
結婚式 招待状
http://www.cocosab.com/products/list.php?category_id=8
発送代行
http://www.ai-show.jp/
飛騨高山 グルメ
http://www.yama-1.com/

2015/7/9 更新